誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

南海トラフ 大地震、広範囲で“ひずみ”海底調査が語る衝撃の事実判明!【地震前兆?】

悩み生活苦

南海トラフ 大地震、広範囲で“ひずみ”海底調査が語る衝撃の事実判明!【地震前兆?】
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

南海トラフ 大地震、広範囲で“ひずみ”



南海トラフ 大地震、広範囲で“ひずみ”
海底調査が語る衝撃の事実判明!


地震前兆?
東日本大震災からまもなく6年。


次に懸念される巨大地震の一つが
「南海トラフ地震」です。


この南海トラフで去年、地震を引き起こす
地殻の「ひずみ」が広い範囲で
たまっていることが分かりました。


専門家は「いつ起きても不思議ではない」
と警鐘を鳴らしています。


海上保安庁は9年前から南海トラフの
15ヵ所に観測機を設置し、
海底の動きを直接観測しています。


防災士厳選の防災グッズ36点セット【ディフェンドフューチャー】




その結果、宮崎県日向灘沖では2cm、
高知県沖では南海トラフ最大の5.5cmの
地殻変動が観測されました。


地震が起こる場所は強く固着しているところが
変形に耐えられなくなって起きます。


すでに南海トラフはいつ大きな地震が
起こっても不思議ではない状態になっています。



南海トラフ巨大地震は、フィリピン海プレートと
アムールプレートとのプレート境界の
沈み込み帯である南海トラフ沿いが
震源域と考えられている巨大地震のことである。





また、2011年8月に内閣府に設置された
「南海トラフの巨大地震モデル検討会」が検討した、


南海トラフ沿いで発生すると想定される
最大クラスの地震も「南海トラフ巨大地震」と称する。


南海トラフの地震は、約90 - 150年
(中世以前の発生記録では200年以上)の間隔で発生し、


東海地震、東南海地震、南海地震の震源域が
毎回数時間から数年の期間をおいて
あるいは時間を置かずに同時に3つの地震が
連動していること(連動型地震)が定説とされてきた。


防災士厳選の防災グッズ36点セット【ディフェンドフューチャー】




南海トラフにおける海溝型地震は、
一定の間隔で起こる「周期性」と同時に起こる
「連動性」が大きな特徴となっている。


さらに、南海トラフは約2000万年前の比較的
若いプレートが沈み込んでおり、


薄くかつ温度も高いため低角で沈み込み
プレート境界の固着も起こりやすく、
震源域が陸地に近いので被害も大きくなりやすい



この地震により発生するとされる災害を
「東日本大震災」に倣い「西日本大震災」と
呼称する場合がある。


2011年3月の東北地方太平洋沖地震
(東日本大震災)発生後、南海トラフ巨大地震へ
の懸念が浮上したことを受けて、


日本政府は中央防災会議に
「南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループ」
を設けて対策検討を進めた。


同ワーキンググループは2012年7月にまとめた
中間報告において、南海トラフで想定される
最大クラスの巨大地震を


「東日本大震災を超え、国難ともいえる巨大災害」
と位置づけている



もう、防災グッズの準備は必見です!!

こちら↓↓↓で準備を!





防災士厳選の防災グッズ36点セット【ディフェンドフューチャー】


防災士厳選の防災グッズ36点セット【ディフェンドフューチャー】


1

ピックアップ!

ピックアップ!

タグ

月別アーカイブ